ニュースルーム

券売機でのICカード決済(EMV対応)を実現
~組込型マルチ決済端末でインバウンド需要の獲得までも可能に~

2019年3月5日

報道関係各位

GMOフィナンシャルゲート株式会社

GMOインターネットグループのGMOペイメントゲートウェイ株式会社の連結会社で、対面クレジットカードなどの決済事業を展開するGMOフィナンシャルゲート株式会社(代表取締役社長:杉山 憲太郎 以下、GMO-FG)は、"Unattended Market(=自動販売・サービス機の総称)"向けの組込型決済端末シリーズの第2弾として、世界的な決済端末ベンダーであるフランスのIngenico Groupの日本法人Ingenico Japan(インジェニコ ジャパン)株式会社(代表取締役:エリック・グルニェー 以下、Ingenico)と、組込型マルチ決済端末「iUC280」を共同開発いたしました。「iUC280」は、芝浦自販機株式会社(代表取締役社長:城所 宏、以下 芝浦自販機)のクレジットカード対応券売機「KCシリーズ」に組み込み、2019年1月より飲食店やリラクゼーション施設、アミューズメント施設を中心に、展開いたしております。

「iUC280」は、券売機に組み込むことで、磁気式カードだけでなく、接触・非接触のICチップ搭載クレジットカード決済(EMV(※1)対応)への対応を実現する組込型マルチ決済端末です。GMO-FGは国内の券売機業界においていち早くEMV対応の決済端末を加盟店に提供いたします。都内では芝浦自販機の製品を導入している2店舗で稼働しており、今後も加盟店の拡大を見込んでいます。

(※1)EMVとは、国際カードブランドであるVisaとMasterCardが策定した「ICチップ搭載クレジットカードの統一規格」のこと。 両社の頭文字「M」と「V」、規格策定当時ヨーロッパでMasterCardブランドを運営していたEuropay Internationalの頭文字「E」から「EMV」と名付けられた。

「iUC280」と「KCシリーズ」の利用イメージ

【組込型マルチ決済端末「iUC280」の開発背景】

「改正割賦販売法(※2)」が2018年6月に施行されて以降、対面・非対面を問わずクレジットカード決済を取り扱う加盟店(以下、加盟店)には、カード情報の非保持化や保護対策、カードの不正使用防止などの対応が求められています。店頭販売の加盟店においては、ICチップ搭載のクレジットカード(以下、ICカード)による決済が可能なEMV対応端末の設置が義務付けられています。
一方、店頭加盟店におけるEMV対応は進みつつありますが、券売機やコインランドリー、コーヒーマシンなどの自動サービス機や、自動販売機などの"Unattended Market"と呼ばれる領域においては、まだまだ対応が進んでいない状況です。

そこでGMO-FGでは、2017年12月から"Unattended Market"向けの組込型決済端末のシリーズ展開を開始し、現在では飲料自動販売機や自動精算機等での組込型決済サービスを開始しています。この度のIngenicoとの共同開発による「iUC280」は、このシリーズの第2弾で、ICカードでの決済を券売機において実現するべく、券売機業界向けに提供いたします。まずは芝浦自販機と共同で、「iUC280」を組み込んだEMV対応のクレジットカード対応券売機を開発し、都内の飲食店2店舗での稼働を開始いたしました。

(※2)2018年6月に施行された改正割賦販売法では、カード情報の漏えい対策が強化され、原則として「カード情報の非保持化」 をすることや偽造防止、不正使用対策としてICカードによる決済ができる端末を設置することが規定されている。

■需要の拡大する非接触決済への対応と、電子マネー・ポイント等の決済にも対応

昨今のクレジットカード決済において、簡単・スピーディーな点から非接触型決済の需要が高まっており、特に欧米において普及が始まっています。ロンドンの地下鉄では非接触決済「Visaタッチ決済」が日常的に利用されており、オーストラリアでは「Visaカード」の決済の93%が非接触決済に移行しています(※3)
「iUC280」では、ICカードの接触決済はもちろん、非接触決済の「Visaタッチ決済」「Mastercard コンタクトレス」に対応しています。「iUC280」を組み込みEMV対応したクレジットカード対応券売機を導入することによって、インバウンド需要の獲得も見込めるうえ、今後、日本でのICカードでの非接触決済の需要の高まりにも対応可能となります。
また、「iUC280」と、これを組み込んだ「KCシリーズ」では、順次国内の主要な電子マネーやポイントによる決済への対応を予定しています。
GMO-FGは、今後も利用シーンに応じた柔軟な決済サービスを提供してまいります。

(※3)VisaNetデータ 2018年4月~6月より

【「iUC280」について】

「iUC280」は、磁気式カード、接触ICカード、非接触決済にも対応しており、自動販売機・自動サービス機向けの組込型マルチ決済端末として、利用シーンに応じた柔軟な決済サービスを提供いたします。また安全基準としては、EMVやPCI PTSといった国際基準のセキュリティ要件も満たしています。

【「KCシリーズ」について】

KCシリーズは、飲食市場をはじめ日常の様々なシーンでご利用いただいている27インチ縦型タッチパネルディスプレイで、動画再生・音声機能搭載したお客様のニーズに沿ったフリーレイアウト対応などが可能なKC-TXと7インチLCDパネルで動画再生・音声機能を搭載したボタン式KC-BX券売機です。尚、「iUC280」を搭載したクレジット対応券売機は、KC-TX_INとKC-BX_INです。

【GMOフィナンシャルゲート株式会社について】

GMO-FGは、対面店舗でのクレジット・デビット決済を軸とした決済代行事業者として、1999年7月の創業以来20年の実績と信頼を築いてまいりました。ICカード対応の共同利用センターとして、海外端末メーカーとのアライアンスを軸に、経済合理性とテクノロジーの先進性で業界の革新に取り組んでいます。据置・モバイルなどのCCT端末(共同利用端末)に加え、病院・ゴルフ場向けの自動精算機等での組込型決済サービスも行っており、キャッシュレス化のチェンジリーダーとして社会に貢献してまいります。

【Ingenico Japan株式会社について】

Ingenico Japan 株式会社は、フランス(パリ)に拠点を置き、世界170ヵ国で事業展開している、世界最大手のシームレス決済ソリューションプロバイダーメーカーIngenico Groupの日本法人です。同社は、組込型、モバイル型、据置型、mPOS端末、PINパッド等の幅広い決済端末製品を中心に日本で展開しています。

【関連URL】

GMO-FG コーポレートサイト
URL : https://gmo-fg.com/
【報道関係お問い合わせ先】
GMOフィナンシャルゲート株式会社 経営企画室 小泉
TEL
03-6416-3881
FAX
03-6416-3880
E-mail
sales_staff@mail.gmo-fg.com
GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井
TEL
03-5456-2695
E-mail
pr@gmo.jp

【GMOフィナンシャルゲート株式会社】(URL: https://gmo-fg.com/

会社名 GMOフィナンシャルゲート株式会社
所在地 東京都渋谷区渋谷2丁目12番19号 東建インターナショナルビル本館7F
代表者 代表取締役社長 杉山 憲太郎
事業内容 ■クレジット、デビット、銀聯カード等の決済処理サービス事業
資本金 11億円

【GMOペイメントゲートウェイ株式会社】(URL: https://corp.gmo-pg.com/

会社名 GMOペイメントゲートウェイ株式会社 (東証第一部 証券コード:3769)
所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目14番6号 ヒューマックス渋谷ビル
代表者 代表取締役社長 相浦 一成
事業内容 ■総合的な決済関連サービス及び金融関連サービス
資本金 47億12百万円

【GMOインターネット株式会社】(URL: https://www.gmo.jp/

会社名 GMOインターネット株式会社(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット金融事業
■仮想通貨事業
資本金 50億円

本件に関するPDFファイルはこちら

プライバシーマーク
GMOペイメントゲートウェイはプライバシーマークの認定を受けています。
PCI DSS
GMOペイメントゲートウェイのサービスはPCI DSSに完全準拠しております。
ISO27001
GMOペイメントゲートウェイは事業所全てを対象にISO27001への適合認証を取得しております。
!当社名を騙る架空請求詐欺にご注意ください    !当社もしくは類似する社名を騙る会社やサービスにご注意ください
TOP