ニュースルーム

越境ECエントリーモデルを拡充
~EC事業者が手軽に海外販売できる購入代行サービスの取り扱いを開始~

2016年8月5日

報道関係各位

GMOペイメントゲートウェイ株式会社

GMOインターネットグループで総合的な決済関連サービス及び金融関連サービスを展開するGMOペイメントゲートウェイ株式会社(東証一部:証券コード 3769、代表取締役社長:相浦 一成 以下、GMO-PG)は、手軽に越境ECを始めたい事業者から現地法人を設立する事業者まで、幅広く海外EC展開事業者を支援するべく、株式会社FROM JAPAN(代表取締役社長:久野 智弘 以下、FROM JAPAN)が提供する、越境EC購入代行サービス「バナーをはるだけで海外販売」を、2016年8月15日(月)より取り扱います(*1)。 「バナーをはるだけで海外販売」は、越境ECのエントリーモデルとなるサービスで、GMO-PGの加盟店(*2)は自社サイトの商品ページに所定のバナーを貼るだけで、外国語表示対応や決済手段の準備、配送業務の必要なく手軽に商品を海外向けに販売可能になります。
この他、越境EC事業支援としてGMO-PGでは、海外向け広告配信運用代行などの集客手段や、自社で越境ECを展開する事業者向けに必要な決済手段の提供、現地法人を設立するEC事業者向けの支援サービスなどを展開しております。

(*1)ご利用には別途FROM JAPANとの「バナーをはるだけで海外販売」利用契約への同意が必要となります。
(*2)GMO-PGの連結会社、GMOイプシロン株式会社の決済サービスをご利用の加盟店(EC事業者)も導入いただけます。

【背景と概要】

2015年の訪日外国人観光客数は、前年比47.1%増の1,973万人を突破しており(*3)、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて更なる増加が見込まれています。訪日外国人は、日本滞在中に購入あるいは気になった商品を、帰国後に日本のECサイトを通じて購入する人も多いことから、訪日客増加に伴って越境ECのニーズも拡大しております。実際に、2015年に米国と中国の消費者が日本のECサイトから購入した金額は、前年比22.0%増となる1.3兆円に達し、2019年には同3.1兆円に達すると予測されています(*4)
しかしながら、EC事業者が自社で越境ECを始めるには、ECサイトの商品・決済ページの多言語化やお問い合わせ対応に加え、決済手段の準備や海外配送システムの整備、対象国の法制度への対応などが必要となるため、初期投資コストがかかるほか、商品代金の未回収リスクの懸念や、そもそも扱う商材が海外消費者にとってニーズがあるのか分からないといった不安もあることから、関心があっても手軽に導入しにくいのが現状です。 そこでGMO-PGは、EC事業者が手軽に越境ECを開始できるよう、「海外展開向けサービス」の一つとして、FROM JAPANの越境EC購入代行サービス「バナーをはるだけで海外販売」を、8月15日(月)より取り扱うことといたしました。
GMO-PGでは、手軽に越境ECを始めたい事業者向けの「バナーをはるだけで海外販売」をはじめ、自社で越境EC事業を展開する事業者、さらには現地法人を設立するEC事業者まで、幅広くEC事業者の海外展開を支援してまいります。

また、2016年8月24日(水)にGMOインターネットグループが主催する「GMO ECカンファレンス2016」内において、「越境ECセミナー」を同時開催いたします。

(*3)日本政府観光局「年別 訪日外客数、出国日本人数の推移(1964年‐2015年)」より
(*4)経済産業省「平成27年度電子商取引に関する市場調査」より

【FROM JAPANの「バナーをはるだけで海外販売」について】

「バナーをはるだけで海外販売」は、EC事業者が、自社サイトで提供している日本語の商品ページに所定のバナーを貼るだけで、訪問した海外消費者に最適な外国語(*5)で商品・決済ページを表示させ、注文の完了・配送までを行えるサービスです。日本語サイトに訪問した海外の消費者は、該当のバナーを押すことでFROM JAPANの専用サイトへリンクし、各国に適した言語に自動翻訳された商品・決済ページ上で購入までを行うことができます。
本サービスでは、FROM JAPANが海外の消費者に代わってEC事業者のサイトで商品を購入し、海外消費者への発送・問い合わせ等を行う仕組みのため、EC事業者は、海外向け決済手段の準備・配送・法制度対応や外国語でのお客様対応といった手間が発生しないうえ、売上代金の未回収リスクもなく越境ECを開始することができます。

(*5)訪問者のIPアドレスから国を判別し、各国に適した言語に自動翻訳したページを表示します。

【GMO-PGの海外展開向けサービスについて】

GMO-PGでは、幅広く海外EC展開事業者を支援するべく、手軽に越境ECを始めたい事業者向けの「STEP1」、自社で越境EC展開をする事業者向けの「STEP2」、海外に現地法人を設立し海外事業を展開したい事業者向けの「STEP3」の3STEPで、EC事業者の海外戦略に応じた海外展開向けサービスを提供しております。

STEP1 【販売】手軽に越境ECを始められる購入代行サービス「バナーをはるだけで海外販売」
【集客】外国人向けのコンテンツマーケティング支援や、海外向け広告配信運用代行などの集客支援サービス
STEP2 【決済】世界各国21通貨に対応した「多通貨クレジットカード決済」のほか、「ネット銀聯決済」 「アリペイ国際決済サービス」「PayPal決済」
【集客】外国人向けのコンテンツマーケティング支援や、海外向け広告配信運用代行などの集客支援サービス
STEP3 【決済】中華圏・アジア各国で最も使われている決済手段をワンストップで提供する「Z.com Payment」
【集客】外国人向けのコンテンツマーケティング支援や、海外向け広告配信運用代行などの集客支援サービス

【「越境ECセミナー」概要】

セミナー名 越境EC最前線 ~越境ECのトレンドと補助金活用について~
日時 2016年8月24日(水)16:10~17:10
会場 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
参加費 無料
参加方法 「GMO ECカンファレンス 2016」へのお申し込みが必要となります。
以下のURLより、Eチケット(先着300名)をお申し込みいただき、 当日は直接会場までお越しください。 ※本セミナーの定員は先着順50名となります
URL: http://peatix.com/event/184696/
セミナー内容 スピーカー:天井 秀和氏(インフォマークス株式会社 代表取締役社長)
・越境ECの現状について
・補助金を活用した越境ECの始め方について
・越境ECソリューションについて
お問合せ先 GMOペイメントゲートウェイ イノベーション・パートナーズ本部
TEL:03-3464-2323

【株式会社FROM JAPANについて】

FROM JAPANは、2004年3月より海外在住の外国人及び日本人駐在員向けの日本商品購買代行サービス事業を行っております。ヤフオク!での自動入札や、日本国内各ショッピングサイトでの商品購入を簡単にする自動化システムを提供しております。また各国語に堪能なスタッフとともに、英語・中国語(簡体字・繁体字)でのサイト提供を行っているため、多言語での対応が可能です。累計取引件数は210万件、取引国・地域数は197に及びます。今後も、世界中の人々に感動(=サービス)を提供するべく、事業を拡大してまいります。

【GMOペイメントゲートウェイ株式会社について】

GMO-PGは、ネットショップやデジタルコンテンツなどのオンライン事業者、NHKや定期購入など月額料金課金型の事業者、並びに日本年金機構や東京都等の公的機関など7万2,569店舗(GMO-PGグループ2016年6月現在)の加盟店に総合的な決済関連サービスを提供しております。
決済サービスを中心に、加盟店の売上向上に資するweb広告サービス等の付加価値サービス、加盟店の成長を資金面からサポートする融資等の金融関連サービスの提供、海外決済サービス提供等の海外事業などを行い、年間決済処理金額は1.8兆円を超えております。
GMO-PGは、消費者と事業者にとって安全性が高く便利な決済を実現し、決済プロセスのインフラになることを目指しております。今後も決済業界のリーディングカンパニーとして、FinTechなど新たなイノベーションを牽引し、日本のEC化率の向上に貢献してまいります。

関連URL
キャンペーンサイト(GMOペイメントゲートウェイ加盟店用)
URL : http://www.fromjapanlimited.com/gmo?type=gmo_pg
キャンペーンサイト(GMOイプシロン加盟店用)
URL : http://www.fromjapanlimited.com/gmo?type=gmo_ep
FROM JAPAN サービスサイト
URL : http://www.fromjapan.co.jp
GMO-PG コーポレートサイト
URL : http://corp.gmo-pg.com/
GMO-PG サービスサイト
URL : http://www.gmo-pg.com/
報道関係お問い合わせ先
GMOペイメントゲートウェイ株式会社 企業価値創造戦略 統括本部
TEL
03-3464-0182
FAX
03-3464-2387
E-mail
ir@gmo-pg.com
GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井・島田
TEL
03-5456-2695
E-mail
pr@gmo.jp
サービスに関するお問い合わせ先
GMOペイメントゲートウェイ株式会社 イノベーション・パートナーズ本部
TEL
03-3464-2323
FAX
03-3464-2477
E-mail
info@gmo-pg.com

【GMOペイメントゲートウェイ株式会社】(URL: https://corp.gmo-pg.com/

会社名

GMOペイメントゲートウェイ株式会社 (東証第一部 証券コード:3769)

所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目14番6号 ヒューマックス渋谷ビル
代表者 代表取締役社長 相浦 一成
事業内容 ■総合的な決済関連サービス及び金融関連サービス
資本金 47億1,200万円

【GMOインターネット株式会社】(URL: https://www.gmo.jp/

会社名 GMOインターネット株式会社(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット証券事業
■モバイルエンターテイメント事業
資本金 50億円

本件に関するPDFファイルはこちら

プライバシーマーク
GMOペイメントゲートウェイはプライバシーマークの認定を受けています。
PCI DSS
GMOペイメントゲートウェイのサービスはPCI DSSに完全準拠しております。
ISO27001
GMOペイメントゲートウェイは事業所全てを対象にISO27001への適合認証を取得しております。
! 当社名や当社と類似する社名を名乗る不審なメールにご注意ください    ! 当社の類似名称サービスにご注意ください
TOP
すべての人にインターネット
関連サービス