ニュースルーム

BtoB取引の後払い決済「Paid(ペイド)」を導入
BtoB ECに最適な決済手段をまとめた「BtoB EC向け決済パッケージ」を提供開始
~Paid、カード決済、バーチャル口座、口座振替などを一括提供~

2017年1月24日

報道関係各位

GMOペイメントゲートウェイ株式会社

GMOインターネットグループで総合的な決済関連サービス及び金融関連サービスを展開するGMOペイメントゲートウェイ株式会社(東証一部:証券コード 3769、代表取締役社長:相浦 一成 以下、GMO-PG)は、BtoB EC(企業間電子商取引)に最適な決済手段をまとめた「BtoB EC向け決済パッケージ」を、本日2017年1月24日(火)より提供開始いたします。
「BtoB EC向け決済パッケージ」では、「クレジットカード決済」「銀行振込(バーチャル口座)」「引落日が設定できる口座振替サービス」に加え、株式会社ラクーン(代表取締役社長:小方 功 以下、ラクーン)が展開するBtoB取引(企業間取引)専用の掛売り(後払い)決済サービス「Paid(ペイド)」を提供いたします。
なお、「Paid」は、本日よりGMO-PGで事前申し込み受付を開始し、2017年4月より提供開始する予定です。

BtoB EC(企業間電子商取引)に最適な決済手段をまとめて提供

【背景と概要】

日本のBtoC EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、2015年時点で13.8兆円であるのに対して、BtoB EC(企業間電子商取引)市場規模は、288兆円と約20倍の規模をもちます。また、ECの浸透度合いを表すEC化率も、BtoC ECが4.75%であるのに対して、BtoB ECが27.3%と大きく上回っています(*1)。このようにBtoB ECは、BtoBビジネスを展開する企業・事業者において、業務効率化や人件費の削減、これまでにない新たな販路の開拓といった利点があることから、部品や事務用品等の法人向け販売、卸や仕入れ、webサービスなどを中心に浸透しつつあります。
しかし、企業がBtoB ECを独自で行う場合には、ニーズの高い後払いに対応した各決済手段の導入や、代金未回収による資金繰りの問題などがハードルとなっているのが現状です。そこでGMO-PGは、企業・事業者の抱える各種課題を解決し、BtoB取引のEC化を支援するべく、BtoB ECに必要な決済手段をまとめた「BtoB EC向け決済パッケージ」を提供開始いたしました。また、同パッケージには、ラクーンが提供する、BtoB ECの掛売り決済で発生する与信管理から代金回収までを一括して代行するサービス「Paid」を、2017年4月より新たに追加する予定です。

これによりBtoB EC事業者は、「クレジットカード決済」をはじめ、「銀行振込(バーチャル口座)」や「引落日が設定できる口座振替サービス」、新たに追加する「Paid」による後払い決済など、パッケージ内の決済手段を必要に応じて簡単に導入することができます。各決済手段の一括管理で効率的な運用ができるほか、売上代金はGMO-PGが一本化して入金するため、入出金管理の手間の削減や、事業者の資金繰りニーズに適した入金サイクルを実現することができます。

GMO-PGは、連結会社のGMOペイメントサービス株式会社が提供するBtoC EC向けの後払い決済サービス「GMO後払い」に加え、このたびの「BtoB EC向け決済パッケージ」を展開することで、BtoCとBtoBの両EC領域における後払いニーズに対応し、多様な業界のEC化を支援してまいります。

(*1)経済産業省「平成27年度電子商取引に関する市場調査」より

【「BtoB EC向け決済パッケージ」について】URL: https://www.gmo-pg.com/service/mulpay/package/btob/

■BtoB ECに最適な決済手段を一括提供

「BtoB EC向け決済パッケージ」では、BtoB ECでニーズの高い、以下の4つの決済手段をまとめてご提供いたします。BtoB EC事業者はGMO-PGと契約するだけで、自社のサービスに必要な決済手段を選んで簡単に導入いただけます。また、請求処理・管理、請求フォーマットの統一など、各決済手段で生じる煩雑な業務を一つの管理画面で行えるため、業務の効率化が図れます。

■入金サイクルのカスタマイズが可能

取引先から各決済手段で回収した料金の入金はGMO-PGが一本化するので、BtoB EC事業者は、各決済手段の『締め回数・締め日・入金までの期日』を、それぞれ所定の回数・日から選択することができます(*2)。
これにより、自社の資金繰りのニーズに最適な入金サイクルを設定することができ、『毎日締め』『2営業日後入金』など入金日を大幅に短縮することも可能となります。

(*2)所定の回数・日については右記のURLをご参照ください。URL: https://www.gmo-pg.com/service/mulpay/option/souki/

<利用可能な決済手段>

(1)クレジットカード決済 クレジットカードでの支払いが可能となるサービスです。
ECサイトから決済画面に遷移する通常のクレジットカード決済に加え、1つの取引ごとに「決済画面」のURLを発行し、そのURLをメール等で送付する「メールリンク機能」をオプションとしてご用意しております。
(2)銀行振込
  (バーチャル口座)
1つの取引ごとに仮想的な振込専用口座(バーチャル口座)を割り当て、その口座番号で振込状況を管理できる銀行振込サービスです。
(3)引落日が設定できる
  口座振替サービス
BtoB EC事業者が、取引先口座からの代金引き落とし日を、5日・6日・23日・27日の4種類から選んで設定できる口座振替サービスです。
(4)Paid 取引先の与信管理から、請求業務、代金の回収までを一括で代行する、BtoB ECに特化した掛売り決済サービスです。未入金が発生した場合、「Paid」が売上代金を全額お支払いするため、代金未回収の心配がありません。
また、取引先への与信枠は30~1000万円まで設定できるため、個人事業主との取引や小口取引にも最短で即日対応することができます。
<備考>
・決済方法は、銀行振込・口座振替に対応しています。
・BtoB EC事業者・取引先ともに「Paid」への登録が必要となります。なお「BtoB EC向け決済パッケージ」をご利用のBtoB EC事業者の「Paid」への登録は、GMO-PGが代行します。

<「Paid」のサービス利用イメージ>

「Paid」のサービス利用イメージ

【株式会社ラクーンについて】

ラクーンは、「企業活動を効率化し便利にする」を経営理念として掲げており、BtoB領域においてインフラサービスを展開しております。このたびの、すべての請求業務を代行するBtoB後払い決済サービス「Paid」をはじめ、ファッション・雑貨の卸/仕入れサイト「スーパーデリバリー」、売掛金の課題解決「T&G売掛保証」、受注・発注をクラウドで効率化するCOREC(コレック)を提供しており、各サービスの取扱高を伸ばしております。

【GMOペイメントゲートウェイ株式会社について】

GMO-PGは、ネットショップやデジタルコンテンツなどのオンライン事業者、NHKや定期購入など月額料金課金型の事業者、並びに日本年金機構や東京都等の公的機関など7万7,256店舗(GMO-PGグループ2016年9月現在)の加盟店に総合的な決済関連サービスを提供しています。
決済サービスを中心に、加盟店の売上向上に資するweb広告サービス等の付加価値サービスや、加盟店の成長を資金面からサポートする融資等の金融関連サービスの提供、海外決済サービスの提供をはじめとする海外事業などを行い、年間決済処理金額は約2兆円となっております。
GMO-PGは、消費者と事業者にとって安全性が高く便利な決済を実現し、決済プロセスのインフラになることを目指しています。今後も決済業界のリーディングカンパニーとして、FinTechなど新たなイノベーションを牽引し、日本のEC化率の向上に貢献してまいります。

関連URL
Paid
URL : http://paid.jp/
GMO-PG コーポレートサイト
URL : https://corp.gmo-pg.com/
GMO-PG サービスサイト
URL : https://www.gmo-pg.com/
【報道関係お問い合わせ先】
GMOペイメントゲートウェイ株式会社 企業価値創造戦略 統括本部
TEL
03-3464-0182
FAX
03-3464-2387
E-mail
ir@gmo-pg.com
GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井・島田
TEL
03-5456-2695
E-mail
pr@gmo.jp
【サービスに関するお問い合わせ先】
GMOペイメントゲートウェイ株式会社 イノベーション・パートナーズ本部
TEL
03-3464-2323
FAX
03-3464-2477
E-mail
info@gmo-pg.com

【GMOペイメントゲートウェイ株式会社】(URL: https://corp.gmo-pg.com/

会社名

GMOペイメントゲートウェイ株式会社 (東証第一部 証券コード:3769)

所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目14番6号 ヒューマックス渋谷ビル
代表者 代表取締役社長 相浦 一成
事業内容 ■総合的な決済関連サービス及び金融関連サービス
資本金 47億1,200万円

【GMOインターネット株式会社】(URL: https://www.gmo.jp/

会社名 GMOインターネット株式会社(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット証券事業
■モバイルエンターテイメント事業
資本金 50億円

本件に関するPDFファイルはこちら

GMOペイメントゲートウェイはプライバシーマークの認定を受けています。
GMOペイメントゲートウェイのサービスはPCI DSSに完全準拠しております。
GMOペイメントゲートウェイは事業所全てを対象にISO27001への適合認証を取得しております。
! 当社の類似名称サービスにご注意ください
TOP
すべての人にインターネット
関連サービス