ニュースルーム

GMO-PGとラクーン、
売掛金を2営業日後に入金する「Paid早期払い」を9/1(土)より提供開始
~「Paid」を利用するBtoB EC事業者を中心にキャッシュフローを改善~

2018年8月22日

報道関係各位

GMOペイメントゲートウェイ株式会社

GMOインターネットグループにおいて、総合的な決済関連サービス及び金融関連サービスを展開するGMOペイメントゲートウェイ株式会社(東証一部:証券コード 3769、代表取締役社長:相浦 一成 以下、GMO-PG)と、BtoB取引専用の掛売り(後払い)決済サービス「Paid(ペイド)」を展開する株式会社ラクーン(代表取締役社長:小方 功 以下、ラクーン)は、Paid加盟企業(※1)向けの早期資金化サービス「Paid早期払い」を共同で構築し、2018年9月1日(土)より提供開始いたします。なお、提供開始に先駆け、本日2018年8月22日(水)より申込受付を開始します。 https://paid.jp/v/contents/pre/early.jsp

「Paid早期払い」は、売掛債権の買い取りにより売掛金を早期資金化する「GMO BtoB早払い」をベースにしたサービスです(※2)。Paid加盟企業は、本サービスを利用することで、売掛金を2営業日後に資金化できるほか、締め回数・締め日を所定の回数・日から選択できるため、キャッシュフローの改善が見込めます。

(※1)ラクーンと直接契約をし、「Paid」を利用しているBtoB事業者
(※2)サービスのご利用にはGMO-PG・ラクーン双方の契約と審査が必要になります

GMO-PGとラクーンが早期資金化サービスを共同構築

【背景と概要】

2017年の日本国内のBtoB EC市場規模は、前年比9.0%増の317.2兆円(※3)に達し、引き続き拡大しています。
こうしたBtoB EC市場においてGMO-PGは、BtoB EC事業者に対して、総合決済サービス「PGマルチペイメントサービス」の提供や、BtoB用ショッピングカートとの提携による決済サービスの展開、さらにラクーンの「Paid」をはじめとするBtoB EC取引に最適な決済手段をまとめた「BtoB EC向け決済パッケージ」の提供を通じて、市場拡大に寄与しています。また、2018年5月からは、売掛債権の買い取りにより売掛金を早期資金化する「GMO BtoB早払い」と、GMO-PGが売掛金を保証し未回収リスクを軽減する「GMO BtoB売掛保証」を提供するなど、BtoB EC事業者の成長を多角的に支援しています。
一方ラクーンは、BtoB取引専用の後払い決済サービス「Paid」を提供しています。「Paid」は、取引先の与信管理・請求業務・代金回収などの業務をラクーンが代行するサービスのため、後払い決済に掛かる業務の手間が省け、未回収リスクを軽減できるとして、BtoB事業者の利用が増加しています。こうした中、Paid加盟企業のさらなる利便性向上を図るべく、通常35日間を要する売掛金の入金サイト改善を検討していました。

そこでこの度、GMO-PGとラクーンは、「GMO BtoB早払い」をベースに、Paid加盟企業向けの早期資金化サービス「Paid早期払い」を共同で構築し、2018年9月1日(土)より提供開始することといたしました。 Paid加盟企業は「Paid早期払い」を利用することで、売掛金を2営業日後に資金化できるほか、締め回数・締め日をそれぞれ所定の回数・日から選択することも可能となるため、自社に最適な入金サイトを設定でき、キャッシュフローの改善が見込めます。

GMO-PGは、資金繰り面の支援のみならず、将来的にはGMO-PGの総合決済サービスをご利用いただくことも視野に入れるなど、決済面と資金繰り面の両面でBtoB EC事業者全般の多角的な成長支援を目指してまいります。

(※3)経済産業省「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」

【株式会社ラクーンについて】

ラクーンは、「企業活動を効率化し便利にする」を経営理念として掲げており、BtoB領域においてインフラサービスを展開しています。すべての請求業務を代行するBtoB後払い決済サービス「Paid」をはじめ、ファッション・雑貨の卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」、売掛金の課題解決「T&G売掛保証」、受注・発注をクラウドで効率化するCOREC(コレック)を提供しており、各サービスの取扱高を伸ばしています。

【GMOペイメントゲートウェイ株式会社について】

GMO-PGは、ネットショップなどのオンライン事業者、NHKや定期購入など月額料金課金型の事業者、国税庁や東京都等の公的機関など9万3,450店舗(GMO-PGグループ2018年6月末現在)の加盟店及び金融機関等に、総合的な決済関連サービス及び金融関連サービスを提供しています。
決済業界のリーディングカンパニーとして、決済サービスを中心に、加盟店の売上向上に資するweb広告サービスや、加盟店の成長を資金面からサポートする融資等の付加価値サービスを提供し、年間決済処理金額は3兆円を超えています。また、金融機関向けのソリューション提供や、海外決済サービス提供・海外決済会社との資本業務提携等の海外事業など、事業領域を拡大しています。
GMO-PGは、消費者と事業者にとって安全性が高く便利な決済を実現し、決済プロセスのインフラになることを目指しています。今後も新たなイノベーションを牽引し、EC化率の向上・キャッシュレス化の推進に貢献してまいります。

【関連URL】
「Paid」
URL : https://paid.jp/
ラクーン サイト
URL : https://www.raccoon.ne.jp/
「GMO BtoB早払い」
URL : https://www.gmo-pg.com/service/hayabarai/
GMO-PG コーポレートサイト
URL : https://corp.gmo-pg.com/
GMO-PG サービスサイト
URL : https://www.gmo-pg.com/
【報道関係お問い合わせ先】
GMOペイメントゲートウェイ株式会社 企業価値創造戦略 統括本部
TEL
03-3464-0182
FAX
03-3464-2387
E-mail
pr@gmo-pg.com
GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井・島田
TEL
03-5456-2695
E-mail
pr@gmo.jp
【サービスに関するお問い合わせ先】
GMOペイメントゲートウェイ株式会社 イノベーション・パートナーズ本部
戦略事業統括部 企業間決済改革室
TEL
03-3464-2323
FAX
03-3464-2477
E-mail
info@gmo-pg.com

【GMOペイメントゲートウェイ株式会社】(URL: https://corp.gmo-pg.com/

会社名

GMOペイメントゲートウェイ株式会社 (東証第一部 証券コード:3769)

所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目14番6号 ヒューマックス渋谷ビル
代表者 代表取締役社長 相浦 一成
事業内容 ■総合的な決済関連サービス及び金融関連サービス
資本金 47億1,200万円

【GMOインターネット株式会社】(URL: https://www.gmo.jp/

会社名 GMOインターネット株式会社(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット金融事業
■仮想通貨事業
資本金 50億円

本件に関するPDFファイルはこちら

プライバシーマーク
GMOペイメントゲートウェイはプライバシーマークの認定を受けています。
PCI DSS
GMOペイメントゲートウェイのサービスはPCI DSSに完全準拠しております。
ISO27001
GMOペイメントゲートウェイは事業所全てを対象にISO27001への適合認証を取得しております。
すべての人にインターネット
関連サービス